顔のたるみガイド(改善・解消マッサージ・体操など)

各部分のたるみについて

■あごのたるみ

あごのたるみは、筋力の低下、体重の増加、むくみなどが原因となります。食の欧米化から、あまり硬いものを食べないため、 筋力が低下し、あごのたるみの原因となるケースも増えているようです。体重の増加であごがたるんでくることはよく言われま すが、むくみの原因として、リンパの流れが悪くなっていることがあります。あごの下に水分がたまり、あごの下がむくんでし まいます。

あごは脂肪がつきやすいところなので、あごのたるみのほか、二重あごなどにもなりやすいものです。まずは、体全体の脂肪の 増加を防がなくてはいけません。それには食事の改善が大事です。コラーゲンが不足すると肌の保湿性が衰えて張りと弾力性が 失われ、あごがたるみやすくなるため、食物繊維の多い野菜や果物以外、豚足、赤身の肉、牛筋、鶏肉の皮など、コラーゲンを 豊富に含む動物性たんぱく質を摂るようにしましょう。

紫外線は、肌に必要なコラーゲンやエラスチンを破壊します。普段から紫外線を防ぐファンデーションを使用したり、日焼け止 めを塗ったりするケアも心がけましょう。あごのたるみには、ツボのマッサージが効果的とも言われます。両頬の耳のそば、あ ごの角にあるへこんでいる部分ツボで、このツボを1、2分上に押し上げるように指でマッサージを行います。風呂上りに行なう とより効果的でしょう。

また、太っていても、あごは二重あごではない、と言う人は結構いるものです。特に声楽家がそうです。口を大きく開け、大き な声を出すなどで口のストレッチを行なうことも、あごのたるみを防ぐのに効果的なわけです。普段から、意識して口を大きく 開け、はきはきと喋るように心がけてみましょう。顔を上に向けて舌を伸ばすとあごがすっきりするとも言われます。

[スポンサードリンク]
脇の脱毛をミュゼでやろう!
脱毛エステで業界最大手のミュゼがワキ脱毛のキャンペーン中!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 顔のたるみガイド(改善・解消マッサージ・体操など) All Rights Reserved.