顔のたるみガイド(改善・解消マッサージ・体操など)

様々な方法

■割り箸を使う方法

顔のたるみを解消するには、日常のクセも見直して見る必要があります。普段、食事のとき以外、無意識に歯を食いしばったり することが多いと、顔の筋肉のバランスを崩し、顔のたるみの他、頭痛・肩こり・不眠・顎関節症などをひき起こす原因となり ます。長時間パソコンに向かうことが多いなど、うつむき加減でいることが多いと、歯を食いしばり気味になります。これ以外 、集中的に物事に取り組むことが多い人。ストレスをため気味の人。うつ気味の人。こうした人は注意が要ります。

食いしばる癖がある人は、たまに顔のストレッチを行なうなど、顔の筋肉をほぐすことをやってみましょう。これ以外、顔の緊 張を解くのに、割り箸を使う方法があります。1・あお向けに寝て、軽くヒザを曲げます。2・割り箸を割って、一本を唇の上 に乗せます。割り箸は噛みません。3.歯と歯の間に2〜3mmほどの隙間ができた状態を30分ほど維持します。この隙間が筋肉 をリラックスさせます。寝る前に行なうと良いでしょう。

歯の噛み合わせが悪い状態でも、顔に余計な脂肪が付き、それが原因で顔のたるみを作ってしまいます。噛み合わせを矯正する のにも割り箸を使った方法があります。割り箸を横にしてくわえ、口をいの形に開き、口角が割り箸に触れないように保ちます 。口角を引き上げるようにして笑顔を作るようにします。また、割り箸をくわえながら、発声もしてみます。これが普段使って いない顔の筋肉を使うことになり、顔のたるみに効果的なようです。一日数分で良いので、行なってみましょう。

普段あまり使わない顔の筋肉を使うこと。また、顔をリラックスさせるため、割り箸を使ったストレッチもやってみましょう。 勿論、日常生活で、ストレスをためないことも大事です。体全体の健康も意識し、生活改善を行ないましょう。

[PR]Iライン脱毛の理想の形を考えてみませんか!?


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 顔のたるみガイド(改善・解消マッサージ・体操など) All Rights Reserved.